海外でのネット接続方法紹介サイト

海外でネットにつなぐにはどのような方法があるのか?

機内モードをONにする

高額請求を避けるために自分で出来る事として一番簡単に、誰にでもできる方法が機内モードをONにすることです。設定の機能からONに切り替えるだけですので操作も全く難しいことはなく誰にでも簡単に設定することができます。機内モードをONにする事によって、ネットワーク通信を遮断して通話やSMS 、インターネットを一切使用できないようにしてしまいます。これによって自分では使用している意識がなくても、アプリの更新などで勝手にネットに繋がっていたなんてことも防ぐことが出来ます。
この状態でもWi-Fiを利用すればインターネットには接続することが出来ます。
ただし、電話の着信はできませんので日本からの電話連絡が取れないと困るという方は機内モードを利用することはできませんので注意が必要です。

データローミングをOFFにする

日本からの電話が取れないと困るという方は、機内モードはOFFの状態にしておいて、データローミングをOFFにします。この状態では、SMSも使用することができます。
データローミングとは日本で契約しているキャリアの回線ではなく、他社の回線を利用してインターネットに接続をする事です。日本やる分にはさほど金額のかかるものでありませんが海外にいる場合には海外の通信業者の回線に繋がってしまうことになりますので非常に費用がかかってしまいます。
データローミングはOFFにしてあっても電話はかけることができますので、仕事で連絡を取りたいという方や家族からの連絡の予定があるという方はデータローミングの方の設定のみ変えるようにしましょう。
ただし、海外から電話をかけるのは金額が高額であるので通話アプリなどを利用してWi-Fiを利用するほうが安心ではあります。

TOPへ戻る